WORLD PROJECT

WORLD PROJECT
WORLD PROJECTWORLD PROJECT

PROJECT MOVIE

PROJECT MOVIEPROJECT MOVIE

日系企業の進出が急増するインドネシア。現在、工業地帯周辺の良質な宿泊・居住施設の不足や首都ジャカルタからの慢性的な交通渋滞による通勤時間の問題などが駐在員の暮らしを圧迫している。日系企業のグローバル展開を推進する“人”の暮らしをソフト・ハードの両面からサポートする新しいプロジェクトが豊田通商から始まっている。

PROJECT MOVIEPROJECT MOVIE

佐藤拓真PT.TTL RESIDENCES

PROJECT MOVIEPROJECT MOVIE

インタビュームービーはMYPAGEにてご覧頂けます。

まだ登録されてない方

  • 2022年度新卒採用2022年度新卒採用
  • 2023年度キャリア教育2023年度キャリア教育

すでに登録されている方

  • 2022年度新卒採用2022年度新卒採用
  • 2023年度キャリア教育2023年度キャリア教育
BACKGROUND EPISODE

BACKGROUND EPISODE

BACKGROUND EPISODEBACKGROUND EPISODE

ホテルレジデンス事業は、B to BやB to Cという考えだけではなく、お住まいのお客様一人ひとりを相手にしているB to P(Person)を意識する事業。
一人ひとりを相手に、どうしたらお客様に喜んでいただけるかみんなで日々考え、サービスの質などの確認を繰り返していく。
そこに、答えもゴールもない。今日よりも明日、明日よりも明後日。
さらにいいサービスを模索し続けていく姿勢こそが重要だ。

何か問題が起こった時には、すぐにみんなで集まってミーティングを行い、議論し、改善策を考え、実行する。これを繰り返していく。
インドネシアで一番のサービスを提供する場所へ、ここで働くことが誇りとなる場所へ、私の夢とスタッフみんなの思いが実現できるためにも、私たちは立ち止まることは決してできない。

PROJECT MEMBER EPISODE

PROJECT MEMBER EPISODE

PROJECT MEMBER EPISODE

PROJECT MEMBER EPISODE

ベルボーイやフロントのスタッフはお客様にどう対応しているか。宿泊部屋の中で作業しているハウスキーパーや機械室で作業しているエンジニアたちの仕事ぶりはどうか。施設の中で問題のある個所はないか…。何よりも私が大切にしているのは現場であり、そのため、時間が許す限り、ホテルの中を見て回ります。
お客様の快適で安全な生活をサポートするホテルレジデンス事業に欠かせないもの、それが2棟あるホテルの様々な現場への出入りを可能にする2つのマスターキー。24時間365日、手元から離れることはありません。

PROJECT MEMBER EPISODE

佐藤拓真PT. TTL Residences

PROJECT MEMBER EPISODE

※所属部署及び内容は取材時のものです。